費用について

少年事件に関わる弁護士費用について

少年の刑事事件の着手金
家裁送致前・送致後の付添人活動 家裁送致前・送致後それぞれ200,000円~500,000円(税別)
抗告、再抗告および保護処分の取り消し 500,000円~ (税別)
少年の刑事事件の報酬金
非行事実なしに基づく審判不開始または不処分の結果になった場合 500,000円~(税別)
その他の結果になった場合 200,000円~500,000円(税別)

※身柄拘束されている場合でお支払いが困難な場合は、法テラスの「刑事被疑者弁護援助事業」により、弁護士費用を立て替えて払ってもらうことが可能です。

上へ戻る