個人のお客様

当事務所における交通事故の解決事例 非該当→14級

当事務所における交通事故の解決事例をご紹介いたします。

【異議申立てによる後遺障害等級獲得事例(非該当→14級)】

交通事故により、尾骨骨折、腰部脊柱管狭窄症等を発症し、後遺障害が残った方の例。

損害保険料率算定機構の事前認定では、当初、「非該当」となりました。

当事務所において画像鑑定機関の協力の下、画像鑑定書や弁護士作成の詳細な異議申立書を提出し、損害保険料率算定機構に対し、異議申立てを行いました。

その結果、後遺障害等級14級を獲得しました。

このように、異議申立てによって後遺障害等級が見直されることもありますので、後遺障害の事前認定について疑問がある方は当事務所までご相談下さい。

上へ戻る

ツールバーへスキップ