ホームロイヤー契約

高齢者社会のための「ホームロイヤー契約」

個人の方向けの『かかりつけ弁護士』
「ホームロイヤー」とは

かかりつけのお医者さんがいると安心なように、人生で起こる様々な法的問題を決まった弁護士に気軽に相談できる「かかりつけ弁護士(顧問弁護士)」のことです。

高齢になって地域で生活を続けることには様々な不安があります。

・介護サービスや医療サービスをしっかりと受けられるだろうか。
・悪徳商法や詐欺の被害にあったりしないだろうか。
・自分の財産をきちんと管理できるだろうか。
・亡くなった後の葬儀や財産の処分はどうすればいいだろうか。

日常での法的な問題全般について、あなたの気持ち、生活、情況に応じた法的アドバイスが継続的に受けられます。
弁護士はトラブルが起きたときに必要な存在と考えがちです。
しかし、弁護士の大事な役割はトラブルが起きないようにすることです。
そのためには、ささいなことでも気軽に相談できる弁護士が必要だと考えます。

このように、高齢者を支援するための契約が「ホームロイヤー契約」です。「ホームロイヤー契約」を結んでおけば、気軽に相談を受けることができます。

いろいろ相談する中で、財産管理を依頼したいと考えれば財産管理の契約を結び、遺言を作成したいと考えれば遺言の作成を依頼することができます。
もちろん相談だけでいいということであれば他の契約を結ぶ必要はありません。

 具体的な契約内容としては、
(1)定期的な見守り(月に1回、ご指定の場所(自宅、病院等)への訪問)
(2)日常的な法律相談
(3)老後の生活設計等の検討(ライフプランノートの作成補助)
等があります。

 弁護士費用は、(1),(2),(3)で月額10,500円程度~です。
(別途、交通費等の実費がかかります) 

上へ戻る