個人のお客様

人身事故

(人身事故のご相談例)

・まだ痛みがあるのに保険会社から治療打ち切りを通告されている。

・保険会社から送られてきた示談書(承諾書)の計算がよく分からない。

・後遺障害が残り、仕事や日常生活において不自由している。

人身事故の被害に遭われた場合には、治療や慰謝料など、様々な項目について、適切な損害賠償を受ける必要があります。

特に、入院を伴うような大きなお怪我を負ったケースや、後遺障害が残ってしまったケースなどでは、本来得るべき損害賠償額はかなり大きな額となることがあります。

そのため、相手方保険会社からの提示額が適切でないのに、示談に応じてしまった場合の損失は、かなり大きなものになってしまいます。

ですから、人身事故の被害に遭われた場合には、必ず、弁護士にご相談いただくことを強くお勧めいたします。

上へ戻る

ツールバーへスキップ