個人のお客様

当事務所の交通事故解決事例(被害者請求で等級獲得)

当事務所の交通事故解決事例をご紹介します。

【被害者請求で12級を獲得した例】

交通事故による被害で後遺障害が残り、収入が減り生活費にお困りだった例。

当面の生活費にお困りであったため、損害保険料率算定機構に対し、速やかに「被害者請求」を行いました。

その結果、後遺障害等級12級を獲得し、まずは自賠責基準による後遺障害慰謝料等の支払いを受けることにより、当面の生活費のご不安を解消することができました。

その上で示談交渉において加害者側保険会社の提示賠償額が十分でなかったため、民事訴訟を提起し、満足のいく損害賠償金を得ることができました。
(示談交渉時の提示額から約407万円増額)。

このように、交通事故事案においてどのような手続を取っていくかの判断にあたっては、被害者の方の経済的状況をお伺いしながら臨機応変に行っていく必要があります。

上へ戻る

ツールバーへスキップ