個人のお客様

不動産賃貸 借主側

賃貸人から明け渡しを求められている、賃料のトラブル。敷金を返してもらえない、他の入居者とのトラブルなど、不動産賃貸の借主側のご相談は、生活に直結していることも多いため、お早めにご相談下さい。

不動産賃貸(借主側)に関するQ&A

建物を借りていますが、家主が家賃を値上げすると請求してきています。
これまでどおりの家賃を持って行ったところ、受取りを拒絶し、今後も値上げ後の家賃を持ってこないと受け取らないと言っています。どうすればよいでしょうか。
賃借人が請求された増額に同意しない場合は、賃借人は、自分が相当と認める金額を支払えば、賃貸人が債務不履行を理由に賃借人に明け渡しを求めることはできないとされています。
賃貸人がそのような金額を受け取らない場合は、供託制度を利用します。賃料を受領しない賃貸人に代わって法務局に賃料を供託することで、賃借人としての義務を果たしたことになります。
賃料の増額について当事者間で合意できない場合には、増額を求める方が賃料増額請求調停を申し立て、調停において話し合いをすることになります(それでも話し合いがつかなければ、賃料増額請求訴訟において解決することになります)。
(なお、賃料の増額を正当とする裁判が確定した場合は、今までの不足額に利息を付けて支払わなくてはなりません。)

上へ戻る

ツールバーへスキップ